1/30発売:サーファーズジャーナル日本版最新号ご紹介

ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版(TSJJ)最新号が発売です!今号もすばらしい写真と滋味深い文章でサーフィンの世界をディープに描いています。至高の1冊をどうぞお楽しみください。

11.5号表紙:行き場がなくなったら、やるべきことはシンプル。そのダウン・ザ・ラインのスピードでとっておきのセクションをねらい撃つ。グラブもスピンも忘れて、とにかく弾け飛ぼう。ネイザン・フレッチャーはそんな極意を知りつくしている。おそらく彼のDNAに組み込まれていることなのだろう。なにせパイプラインのエンドセクションで、水平線と融けあうほどに飛翔してしまうのだから。
写真:デイブ・ネルソン

 

お得な定期購読お申し込みはこちらから。

・月額払い(20%OFF) 1冊税込1672円
※毎月自動課金、いつでも停止可能
・1年契約(27%OFF) 1冊税込1526円(1年分9154円一括払い)
・2年契約(30%OFF) 1冊税込1463円(2年分17551円一括払い)


<フィーチャーストーリー>
今号のフィーチャーストーリーは、伊豆・下田が生んだサーフフォトグラファー、土屋高弘のポートフォリオ。土屋がとらえた伊豆の波とサーファーたちが織りなすさまざまな表情をフィルム時代の写真をまじえて掲載。土屋とともに1980年代のサーフィンライフ誌を盛り上げた編集者、古谷昭弘が温かい筆致でストーリーをまとめてくれた。

MY HOME WATER
伊豆波浪集

文:古谷 昭弘 写真:土屋 高弘

土屋高弘が泳ぐ海。


OUR MAN IN THE ANTILLES
アンティル諸島の男

文:スコット・ヒューレット
写真:クリス・クロプフ

クリス・クロプフが撮ったドミニカ共和国。


FIRST AMONG EQUALS
不屈の女

文:ガブリエラ・アウン

アンドレア・モラー。異次元の情熱と功績。彼女からはけっして語られなかったその半生。


Portfolio: Bryce Lowe-White
ポートフォリオ:ブライス・ロウ-ホワイト
引っ込み思案人間、変革のヒストリー

文:アレックス・ウィルソン

ブライス・ロウ-ホワイトのレンズの裏側


GOING RIGHT
アフリカのライトハンダー紀行

文、写真:アラン・バン・ガイセン

マイケル・フェブラリーと南アフリカの東海岸を駆けぬける。


RUNNING UNDER LOAD
伝統を背負ったビジョナリー

文:クリスチャン・ビーミッシュ
写真:コーバン・キャンベル

サンタバーバラ海峡に根を下ろすボートビルディングの継承者、ジェフ・ハル。


I’M NOT HERE
孤高のレンズマン

文:アンドリュー・クロケット
写真:ロン・ペロット

1960年代。オーストラリア国内外のサーフカルチャーを記録することに尽力し、その後こつ然と姿を消した謎多きフォトグラファー、ロン・ペロット。


最新号は1/31日(月)に発売です。ほかにも19世紀の巨匠、アウグスト・ストリンドベリの表現主義的絵画にみるサーフィンとの関係性を探った「ノース・スウェル」や、往年のプロサーファーで現在はCTツアラーの名コーチとして活躍するリチャード・マーシュのインタビューなど、珠玉のサーフストーリーが盛りだくさん。『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版11.5号』は今号も見どころ満載です!