Passing -訃報


Yosihisa Hatakeyama
畠山芳久
1954ー2020

ジャーナリスト&フォトグラファーの畠山”ジッタ”芳久さんが、去る12月26日未明永眠されました。享年66歳。
日本のサーフィン揺籃期の’70年代、日本初のサーフィン・メディア「サーフィンワールド」誌の編集者として、国内はもちろん世界中を駆けめぐり、当時の最先端を記録し続けた日本サーフィン・ジャーナリズムの草分け的存在。’90年代はカー・ジャーナリストとしても活躍しました。
2021年1月15日発売のTSJ日本版10.5号では、あの時代を駆け抜けたジッタさんの足跡を、プロファイルとポートフォリオの2部構成アーティクルとして紹介しています。